保湿対策が若さの秘訣

保湿対策が若さの秘訣

乾燥肌で極度の敏感肌なので、化粧品は刺激が少なく、またオイルフリーの製品しか使用できません。しかし、夏は日焼け、冬は空気の乾燥による乾燥で年中保湿が必須となています。

そこで私が行っているのは、たっぷりの化粧水に浸したパックです。化粧水は低刺激の安い化粧水でも十分効果があります。しかし、肌の調子が悪い時は炎症を起こしてしまうので、精製水をスプレーボトルに入れて、顔全体にスプレーをするのです。たっぷりスプレーをしてから(水滴が滴るのを感じるくらい)しばらく放置して、またスプレーするのを数回繰り返します。これが一番肌が弱っているときに効く方法です。乾燥にお困りの敏感肌の人は是非試してください!

オールインワンゲルぷらす・・・

オールインワンゲルは優れものだと思います。

乾燥肌の女性にとって、クリームは必須と言ってもいいくらいでしたが、種類によってはベタついたり、肌に合わなかったりして、なかなか自分に合うものをみつけられませんでした。
でもここ1年くらいはオールインワンゲルのおかげで楽してしっとりしています。私が使っているのは資生堂のアクアレーベルです。クリームのベタツキはなく、ぷるんとした半透明のジェルで肌にじわっとなじみます。
私のおすすめは、たっぷりの化粧水をつけてからオールインワンゲルをつけることです。特に冬の乾燥した時期には化粧水保湿は効果的です。その後にジェルをつけることでお肌がしっとり、ぷるんです。

保湿にはシートマスクを。

いつもだと、夕方になると小鼻がテカっているのに、最近はカサカサしていることに気づいてしまいました。

これはヤバイ!と思い、何かしら保湿が必要だと判断した私は、ネットで韓国製のシートマスク100枚入りを慌てて購入。
シートの厚さも満足。種類が選べるのですが、高麗人参は、香りが苦手でしたが効果はあるんです。やはりやるとやらないでは翌日の肌触りも変わってくるので、毎晩、お風呂上がりにシートマスクをしてしました。
ポイントは、お風呂上がりに化粧水を直ちにつけ、シートマスクをすることと、乾ききる前の15分から20分ほどの間ではがすと言うことです。乾ききると、顔の元々の水分も一緒に蒸発してしまうので。

乾燥で痒くなってしまうので保湿をしっかりとしています

保湿をしっかりとしないと肌が乾燥して痒くなってしまうので顔や体には保湿クリームをしっかりと塗るようにしています。

 

夜に寝る前にしっかりと保湿クリームを塗っていますし、外出する前にもちゃんと保湿をするようにしているので保湿クリームに凄く頼っています。塗らないと本当に乾燥で肌が痒くなってしまうので必需品なのです。

 

洗顔をした後には化粧水と乳液を塗ってさらに保湿クリームを塗るくらい入念に保湿をするようにしています。酷い乾燥肌なのでちゃんとやらないといけません。

 

面倒だと思っていましたがもう慣れてきましたし乾燥してしまうのは絶対に嫌なので忘れずに保湿をするようにしています。